トップ > CPS(カスタマーセッション)

CPS(カスタマーセッション)

CPS(カスタマーセッション)

CPSとは・・・生い立ち
1975年頃、IBM社がお客様の情報システム・プロジェクトの構想、 計画立案の為の支援プログラムとして始めたプランニング手法。特に、新しい業務プロセスの基本構想づくりの為に利用部門のマネジメントの意見を集約するブレーンストーミング形式の会議(セッション)手法として導入された。新しいプロジェクトの基本構想づくり等に1000以上の実績があり多くのお客様から好評を得ています。
CPS - どういう時に役立つか?
新しい情報システムプロジェクトの構想・企画(起案)をすべく、全体構想、マスタープランの骨子を早くつくり全体コンセンサスを取り付けたい。事業の戦略計画を一気に全員合意で作り上げたい。
CPS - その特徴
現場の生の声(悩み)を掘り下げることにより真実が見える。真実を追究し本質をディスカッションして全員で前向きに新しい事業改革プランを作り、やるぞと燃える一気にに集中して極めてスピーディに全員プランを創る。

優秀なセッションリーダー(的ノウハウ)は新規プロジェクトの発掘に大きな力となります。CPSはセッションリーダーの指導のもとメンバーを集めて、セッションリーダーの指揮でプラン全員で一気に作る。ひとえにセッションリーダーの腕にかかっている手法である。講師のIBM時代の数多くの経験から生み出された知恵、ノウハウがつまったコース
■養成コースの流れ■ 1.CPSとは
2.本セッション実施までの
 流れ
3.本セッションの流れ
4.セッション模擬セッション

CPSの実績
  • ・アイシンインフォテックス
  • ・アイシン高丘工業
  • ・ブロードシステムソリューション
CPS、セッションリーダー養成コースの実績
  • ・JBCC
  • ・IBM
  • ・田中重機
  • ・東洋紡システムクリエイト
  • CPSに関してのお問い合わせはこちらから
  • TEL:06-6458-7808 FAX:06-6458-7812
事業案内
会社案内
お問い合わせ